こどもパン教室@うつせみキッチン

厚木市で20年 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室

講師プロフィールはこちらプロフィール - こどもパン教室@うつせみキッチン

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっきは日々の雑記ブログです。

こちらもよろしくおねがいします。

ちゃっちゃかフォカッチャ作ったよ!

こどもパン教室うつせみキッチンのブログへ

おいでいただきありがとうございます。

 

連休中にラインでこんな写真が届きました。

f:id:pandanukichen:20210223233718j:plain

「ちゃっちゃかフォカッチャ作ったよ!」

「もっちもちで美味しかった」

「粉が違うのかなあ」

 

こどもパン教室を始めてすぐのころ

生徒としてパンを作っていた娘からです。

 

先日家へ来たときに、

ちゃっちゃかフォカッチャ2回分セット(レシピ付き)を

持たせて、レシピだけ見て作ってもらったのです。

 

f:id:pandanukichen:20210223234450j:plain

 

2回分セットはこれ。

これにちゃっちゃかフォカッチャのレシピのミニ本がつきます。

 

粉もイーストも、塩も油も砂糖も

ボウルも焼き型も入ったオリジナルトート。

水とオーブンがあればちゃっちゃかフォカッチャ、作れます。

 

彼女が在籍していた時は

力いっぱい手捏ねしていたので、

ちゃっちゃかフォカッチャの

ちゃっちゃとこねる新しいこね方がわからなかったよう。

コシが出過ぎて膨らみすぎと言えなくもありません。

 

でも、娘も小学校卒業してパン教室を終えてから

殆どパンなど焼いたことはなかったはずです。

(うちでは私が焼いてしまうので焼かせてもらえなかった)

結婚してからも共働きですから

焼いていないんじゃないかなあ・・・

 

それでも、教室で覚えた生地の感触を忘れておらず、

レシピを読んだだけで作ることができています。

 

パンをこねて焼くことを手が覚えているんです。

当時の作り方である必要はなくて、

他のレシピ本を見ながらでもどんなパンでも作れるようになっている。

 

それに、作ったパンの食感が何の影響か、

その辺もわかっている。

それはオリジナルパンのレシピを書いて焼くという

経験からくるものでしょう。

 

もっと言えば、

子どものころにモノづくりをした記憶が

大人になっての物づくりのハードルを下げている、

そう思います。

 

 

 

 

3月3日に東京で体験会を開きます。

 

 

f:id:pandanukichen:20210223235514p:plain

感染者数も減ってきたので

感染対策をしっかりして開催します。

文京区、豊島区、新宿区の境界あたりです。

 

 

お近くにお住まいで、

小学生のお子様がおられましたら

このブログを読んだのも何かの縁ですから、

だまされたと思って是非、ご参加ください

きっと、いや、絶対、楽しませます。

 

 

東京・我楽田工房では3月3日の1日限りですが

ワンコインで体験できます。

pandanukitchen.hatenadiary.jp

我楽田工房さんでの体験会お申し込みはこちら

ちゃっちゃかフォカッチャを作ろう

 

こどもパン教室へのご質問やメッセージはこちらへ

 匿名で質問できます) 

    体験についてのお問い合わせ

2/23日段階で残り二席です。

お申し込みはお早めに。

 

 

3月3日東京体験会のごあんない

うつせみキッチンのブログへおいでいただき

ありがとうございます。

 

うつせみキッチンは

毎月定期的に通う、固定クラスの

お稽古事としてのこどもパン教室。

 

昨年から、

コロナ禍で生まれた時短パン

ちゃっちゃかフォカッチャとその応用を

作っています。

 

 

3月3日に東京で体験会を開きます。

  2/28を持ちまして定員に達しました。ありがとうございました。

f:id:pandanukichen:20210222231557j:plain

 

感染者数も減ってきたので

感染対策をしっかりして開催します。

文京区、豊島区、新宿区の境界あたりです。

 

 

お近くにお住まいで、

小学生のお子様がおられましたら

このブログを読んだのも何かの縁ですから、

だまされたと思って是非、ご参加ください

きっと、いや、絶対、楽しませます。

 

ちゃっちゃかフォカッチャとその応用パンはこんなパン。

f:id:pandanukichen:20210212141625j:plain

 

ひとりひとりが粉からこねて

自分のパンを焼くこどもパン教室。

厚木の自宅で口コミだけで20年近く続いてきました。

他にはないお稽古です。

 

 

 

f:id:pandanukichen:20210126230207j:plain

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

 

東京・我楽田工房では3月3日の1日限りですが

ワンコインで体験できます。

pandanukitchen.hatenadiary.jp

我楽田工房さんでの体験会お申し込みはこちら

ちゃっちゃかフォカッチャを作ろう

 

こどもパン教室へのご質問やメッセージはこちらへ

 匿名で質問できます) 

    体験についてのお問い合わせ

ひな祭りのこどもパン教室体験会

うつせみキッチンのブログへおいでいただき

ありがとうございます。

 

うつせみキッチンは

毎月定期的に通う、固定クラスの

お稽古事としてのこどもパン教室。

 

昨年から、

コロナ禍で生まれた時短パン

ちゃっちゃかフォカッチャとその応用を

作っています。

 

 

3月3日に東京で体験会を開きます。

f:id:pandanukichen:20210222231557j:plain

 

感染者数も減ってきたので

感染対策をしっかりして開催します。

文京区、豊島区、新宿区の境界あたりです。

 

 

お近くにお住まいで、

小学生のお子様がおられましたら

このブログを読んだのも何かの縁ですから、

だまされたと思って是非、ご参加ください

きっと、いや、絶対、楽しませます。

 

ちゃっちゃかフォカッチャとその応用パンはこんなパン。

f:id:pandanukichen:20210212141625j:plain

 

ひとりひとりが粉からこねて

自分のパンを焼くこどもパン教室。

厚木の自宅で口コミだけで20年近く続いてきました。

他にはないお稽古です。

 

 

 

f:id:pandanukichen:20210126230207j:plain

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

我楽田工房さんでの体験会お申し込みはこちら

ちゃっちゃかフォカッチャを作ろう

 

こどもパン教室へのご質問やメッセージはこちらへ

 匿名で質問できます) 

    体験についてのお問い合わせ

 

丸める?丸めない? 自由度のあるこどもパン教室

こどもパン教室うつせみキッチンのブログに

おいでいただきありがとうございます。

 

パン教室を再開し、大人も子どもも、

生徒さんたちが戻ってきて

教室は活気づいています。

 

今月のパンはゼッポリーニ風ちぎりパン、

こちらです。

f:id:pandanukichen:20210215222021j:plain

 

これはこどもパン用に作ったレシピに忠実な

切りっぱなしのタイプ。

 

実はこれ、75分のパン教室に収めるのに

十分余裕のあるメニューなので

分割後、丸目二次発酵付のタイプを選択できます。

f:id:pandanukichen:20210217123616p:plain

こんな感じ、風情がだいぶ違います。

これは15年も通ってくださっている大人の生徒さんなので

もう、先生より上手な位きれいに分割・丸めをされています。

 

 

 

手前に映っているのは私の作ったもの。

焼きたてをバラバラにして軽く塩をまぶしてあります。

紙袋にお塩を入れてシャカシャカするフライドポテトのように。

 

 

子ども教室のほうでは、

切りっぱなし一択かなと思っていましたが

分割の時に聞いてみました。

 

「丸める?丸めない?」

生徒さん「丸めるとどうなるの?」

「丸めるときれいにできるけど、ちょっと時間がかかる」

生徒さん「きれいな方がいいなあ」

「今日は時間に余裕があるから

頑張れば丸められると思うけど、どうする?」

 

最初のクラスの生徒さんは

「う~~ん、味は変わらないなら早くできるのがいいや!」

ということで、こちら。

f:id:pandanukichen:20210217124124p:plain

こちらが焼く前。

大人の様に大きさも揃えて、丸めをするのとは違って

個性が出ています。

f:id:pandanukichen:20210217123424j:plain

「実は丸めをするのとしないのでは味も違うんだよ 」

「丸めなおすと生地の気泡が整ってきめ細かくなる」

「丸めなおさない時方は荒いけど大きくふくらむよ」

そんな話をしながら、時間より早く終了しました。

 

 

昨日の生徒さんたちは

「丸める!楽しそうだし、きれいにできるのがいいし、

ママたちには待ってもらってもいいし!」

というノリで丸めに決定。

で、こちらが焼き上がり。

角のないかわいらしい雰囲気になります。

丸めを行うと保持していたガスが抜けるので、

丸目作業の後に二次発酵の時間が必要になります。

 

この子どもたちはパン教室の余白の時間が大好きなので、

時間がかかることがどちらかというと楽しい時間なのです。

6年生を送る会で歌う手話を見せてくれました。

 

本の読み聞かせも、

壁の掲示物を見ながらの雑談も

子どもたちなりの昔話(ほんの数か月前の出来事)も

何一つ、無駄な時間ではありません。

 

毎月一回だけだけど、

仲間との時間は何物にも代えがたいようです。

 

実は、お迎えのお母さま方も

お迎えで顔を合わせ迂数分間が嬉しそうです。

そのお話はまたの機会に。

 

やっぱり、教室再開してよかった。

こどもパン教室、万歳。

 

 

今月のパンは 

青のりを練りこんで、オリーブオイルを回しかけて焼いているので

乗り塩のポテトチップみたい、と先日の3年生の彼と

みんな同じことを言ってくれます。

子どもたちにとって青のり焼きそばやお好み焼きではなくて

ポテチなんですね。

f:id:pandanukichen:20210217124533j:plain

 

 

 

 

 

こんな楽しいこどもパン教室、

春からのお稽古ごとにいかがでしょうか。

 

 

ちゃっちゃかフォカッチャが体験できます。

 

小学生でも、親子でも、大人だけでも 

 厚木教室ではグループでの貸し切り教室で体験できます。

pandanukitchen.hatenadiary.jp

http://お申込みはこちらから グループ体験会(厚木教室)申し込みフォーム

 

 

東京・文京区での体験も予定されています。

限定5席。お申込みお待ちしています。

 

東京・我楽田工房では3月3日の1日限りですが

ワンコインで体験できます。

pandanukitchen.hatenadiary.jp

我楽田工房さんでの体験会お申し込みはこちら

ちゃっちゃかフォカッチャを作ろう

 

こどもパン教室へのご質問やメッセージはこちらへ

 匿名で質問できます) 

    体験についてのお問い合わせ

 

 

 

パン教室、再開しました。

こどもパン教室うつせみキッチンのブログに

おいでいただきありがとうございます。

 

緊急事態宣言中ですが、

パン教室を再開しました。

 

今月のパンはゼッポリーニ風ちぎりパン、

こちらです。

f:id:pandanukichen:20210215222021j:plain

 

再開最初のクラスは

10年以上通っていただいている大人の生徒さんたち。

こどもパン教室では上のパンのように、

切りっぱなしでちぎりパンにしましたが

パン生地を扱い慣れたベテランさんには

小さな生地ですが丸め成型していただきました。

手前に映っているのは私の作ったもの。

焼きたてをバラバラにして軽く塩をまぶしてあります。

紙袋にお塩を入れてシャカシャカするフライドポテトのように。

 

 

子ども教室のほうでは、切りっぱなしです。

こちらが焼く前。

大人の様に大きさも揃えて、丸目をするのとは違って

個性が出ます。

f:id:pandanukichen:20210217123424j:plain

 

焼き上がりはこちら。

f:id:pandanukichen:20210217124124p:plain

 

青のりを練りこんで、オリーブオイルを回しかけて焼いているので

乗り塩のポテトチップみたい、と3年生の彼。

f:id:pandanukichen:20210217124533j:plain

もう、これ、絶対美味しいやつ!と5年生女子。

f:id:pandanukichen:20210217124614p:plain

 

今日の絵本は・・・

 

今日は季節に合わせた選本です。

ちょっとナンセンスな「うえきばちです」は

シュール過ぎたのか受けると思ったほど受けず。

このほかにリクエストのあった「おなかのかわ」も

追加で読みました。

いつもの安心の面白さ、繰り返しの妙は鉄板です。

 

 

こんな楽しいこどもパン教室、

春からのお稽古ごとにいかがでしょうか。

 

 

ちゃっちゃかフォカッチャが体験できます。

 

小学生でも、親子でも、大人だけでも 

 厚木教室ではグループでの貸し切り教室で体験できます。

pandanukitchen.hatenadiary.jp

http://お申込みはこちらから グループ体験会(厚木教室)申し込みフォーム

 

 

東京・文京区での体験も予定されています。

限定5席。お申込みお待ちしています。

 

東京・我楽田工房では3月3日の1日限りですが

ワンコインで体験できます。

pandanukitchen.hatenadiary.jp

我楽田工房さんでの体験会お申し込みはこちら

ちゃっちゃかフォカッチャを作ろう

 

こどもパン教室へのご質問やメッセージはこちらへ

 匿名で質問できます) 

    体験についてのお問い合わせ