こどもパン教室@ぱんだぬき

神奈川県厚木市の 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室から

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっき はぱんだぬきの日記です。こちらもよろしくね

パン教室レポート 焼きカレー、クリームロール、パン・レザン、ブラウニー

二月のパン教室が始まりました。

 

今週は子どもパン教室3クラス、大人教室1クラスです。

 

メニューは

 高学年は焼きカレーパン

 低学年はクリームロール

 おとなはデニッシュのパンレザンと

    ホワイトとチョコレートとクランベリーのブラウニー

 

 

焼きカレーパン

 

 

 高学年の焼きカレーパンは

二種類の成形を学びました。

今週は4~5年生の男子クラス。

f:id:pandanukichen:20190209110957j:plain

カレーのフィリングはその場で作ります。

レトルトカレーを包めるように固めに調整します。

レトルトカレーは甘口と中辛を揃えるつもりでしたが

甲斐に行ったスーパーでちょうど甘口が欠品中。 

中辛のビーフカレーキーマカレーを用意したのですが、

「カレーは甘口が好き」という子がいて

ちょっと辛くてかわいそうなことをしました。

 

低学年はクリームロール

 

低学年の最初はお友達二人が体験で加わった6人クラスf:id:pandanukichen:20190209111951j:plain

先輩さん4人はいろいろ教えてあげたくてうずうず、

かわいいミニ先生たちもにぎやかな、

楽しく、あっという間の90分でした。

 

もう一クラスは一年生二人を含む3人。

女の子たちは、上に散らすアーモンドスライスを

うさぎのみ身に見立て、パンに丁寧に差し込んでいました。

写真で分かるといいのですが…

f:id:pandanukichen:20190209112303j:plain

生地を分割し丸め直して、

麺棒で餃子の皮より大きく伸ばし

カスタードクリームを塗って

ドライフルーツかチョコチップを散らし、

クルクルと巻いて止め、

三等分にカットして

切り口を上にアルミケースに乗せます。

 

ベトベトするカスタードクリームを

ちょうどいい量とって塗るのは難しい作業です。

 

チョコチップは強い!

 

今回、クリームロールで痛感したのは、

ドライフルーツはチョコチップに勝てないこと。

「フルーツクリームロール」の方が推奨なのですが、

ドライフルーツが嫌いな子もいることを考慮して

チョコチップを用意するようにしていました。

 

「嫌いならチョコチップもあるよ」

この一言を聞くと、多くの子どもたちは

「わ~!私、チョコの方がいい!」

となってしまうのです。

ドライフルーツやレーズンは苦戦します・・・

 

大人のクラスはパン・レザン

 

90分のこどもパン教室に対して、

一時間長い2.5時間の大人クラス、

毎年二月は折り込みパンです。

f:id:pandanukichen:20190202121103j:plain

今回は粉の半量のバターを折りこんだデニッシュ生地に

粉と同量のレーズンとカスタードクリーム巻き込むパンレザン。

ものすごくリッチ、贅沢なパンです。

同時にホワイトチョコレートのブラウニーもお教えしました。

f:id:pandanukichen:20190209113427j:plain

 

 ホワイトチョコレートのブラウニーのレシピは

もう一つのブログで公開しています。

www.pandanuki.com