こどもパン教室@ぱんだぬき

神奈川県厚木市の 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室から

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっき はぱんだぬきの日記です。こちらもよろしくね

みんなのオリジナルパン こどもパン教室レポート

4月のこどもパン教室はオリジナルパンです。

 

低学年のお子さんたちには

バターロール生地の材料を用意し、

当日に各自持ち寄った副材料や

教室にある材料を自由に使って

好きなようにパンを作ってもらっています。

 

まずは生徒さんたちのイメージを聞き取ります。

生地にココアや野菜パウダーを混ぜたい?

何個作りたい?

形を工夫したい?

どんな味にしたい?

希望を実現できるようアドバイスしていきます。

 

 

子どもたちは口々に

「五人家族だから五個作りたいの」

「ハートと、星と、丸いのと、四角と」

「くまちゃんにしたいの、」

と希望を言ってくれます。

f:id:pandanukichen:20190416130350j:plain

誰かが「ココアを混ぜたいの」と言ったら

みんながココア生地になっちゃったり。

チョコチップを包むのに夢中になって、

形を作り忘れちゃったり。

 

パンは粘土と違って、

一度作り間違えて丸め直すと

グルテンが強くなってしまって

形を作るのが難しくなってしまうのです。

それに、成形で作った形と、

二次発酵で膨らんで、焼くときに膨らんで

同形が変わっていくかも考えながら作らねばなりません。

粘土のように一筋縄ではいかないことも

この低学年のうちに学びます。

 

そんなこんなで。みんな丸パンになってしまって、

パンの上にあられ糖やチョコチップで

其々模様を描いているクラスもありました。

f:id:pandanukichen:20190416125811j:plain

それに対して高学年クラスは

一月からずっと、レシピ書きをして準備していますから

こんなに立派なパンが出来上がります。

ちょこちぷメロンパン、

ガーリックフランス、

ココアチョコチップロール

f:id:pandanukichen:20190416125633j:plain

先生も何か作ってよ、というので、

この回はソフト生地を層にしてプリンカップで焼いてみました。

 

子どもたちの頼もしい成長に

また楽しいアイデアに、

ぱんだぬき先生も刺激をもらう

四月のこどもパン教室です。

 

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp