こどもパン教室@ぱんだぬき

神奈川県厚木市の 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室から

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっき はぱんだぬきの日記です。こちらもよろしくね

お休みをいただいて

 

 

 

久しぶりの更新となってしまいました。

 

子どもパン教室も、

大人向けのパン教室も

8月は夏期講習を除いて

お休みをいただいています。

f:id:pandanukichen:20190824162426j:plain



毎年夏休みにはパンの勉強をしに

東京国立のエコール辻で行われる、

専門学校の通信教育部の修了生向け研修に参加します。

f:id:pandanukichen:20190824162245j:plain

それは、大きなパン屋さんで作るようなパンの講習で、

専門の大型の設備を使った、本格的な製パンを

基礎からしっかり実習できる、研修会です。

 

f:id:pandanukichen:20190824162455j:plain

大量のパン生地を機械でこねてたくさんのパンを

同じ品質で作り、消費者に提供するための製パンです。f:id:pandanukichen:20190824162530j:plain

家族の顔を思い浮かべながら、

手捏ねで自分だけのパンつくりをする

子どもパン教室とは正反対の製パンです。

 

そんな、自宅教室とは真逆の製パンですが、
製パンの基本が詰まった講座です。
辻製菓専門学校で成果製パンのプロの卵を

常日頃指導している先生方の直接技術指導です。

f:id:pandanukichen:20190820202949j:plain

*1

 

どの先生も製菓製パン何でも聞いてください、

というスタンスで教えてくれます。

ですから、プロの製パンと家庭製パンをつなぐ役目をしている、

私のような自宅教室の先生のさまざまな疑問に

科学的見地から製パン理論を踏まえて答えくださいます。

 

今回は業務用の製パンばかりではなく、

レストランなどの飲食店での自家製パンに応用できるような

特別な製パン機器を使わないパンも含まれていました。

エコール辻では販売の授業もあり、

その担当の近藤先生はベーカリーではない、

カフェやレストランのパンについての本も書かれています。

f:id:pandanukichen:20190822213917j:plain

 

先生やスタッフの素晴らしさはもちろんですが

通信教育で学ばれている生徒さんも素晴らしいです。

 

パン屋さんで働く人、レストランオーナー

自宅パン教室の先生や

大手パン教室で講師をしている人、

パンを製造販売している人まで。

 

本当のパン好きがたくさんです。

パン屋さんを開業してなかなか来られなくなった人も

どうしているかな、と聞くと誰かが消息を知っています。

 

通信を修了して何年も通う人が何人もいて

パンを志すだいじな仲間です。

毎年、生徒さんたちからも

大きな刺激を受けて帰ってきます。

 

学んできたことを教室に生かして

家庭製パンとプロの製パンを取り持つのが

私の役目だな、頑張らないと、と

感じて帰ってきました。

 

www.pandanuki.com

 

 

*1:これはプレッツエルの成型を教わっているところ。指導の小野先生はNHKグレーテルのかまどの製菓監修をしていらっしゃいます。