こどもパン教室@うつせみキッチン

厚木市で20年 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室

講師プロフィールはこちらプロフィール - こどもパン教室@うつせみキッチン

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっきは日々の雑記ブログです。

こちらもよろしくおねがいします。

春の体験、新しい出会いに感謝!

こどもパン教室うつせみキッチンのブログへ

おいでいただきありがとうございます。

 

先週の出張体験教室から

春の体験教室が始まっています。

f:id:pandanukichen:20210303082834j:plain

昨年は小学校の一斉休校や最初の緊急事態宣言発出などで

振り回され放題、まったくできなかった春の体験。

二年ぶりの大型体験月間となっています。

 

2021年度はこどもパン教室も

20年目の新しい一歩を踏み出します。

 

コロナ禍が始まった昨年は

もう、こどもパン教室もできなくなってしまうか、

ちょっと寂しいオンライン講座に舵を切らねばならないか

そんな風に落ち込んでおりました。

f:id:pandanukichen:20210303083121j:plain

しかし、休講4か月の間に、

新しいパン「ちゃっちゃかフォカッチャ」が出来て

昨年7月に再開した時、

多くの生徒さんが戻って来られて

その笑顔を見て、確信しました。

f:id:pandanukichen:20210217225212p:plain

 

 

やっぱり対面子どもパン教室は最高!

 

そう気が付いたら

前々から考えていた東京でのパン教室も

やってみないと始まらない、と

思いっきり前向きに考えられるようになりました。

コロナ禍が後押ししてくれました。

 

昨日は「うちのヤンチャくんが行ってみたいというのですけど・・・」

という不安そうな申し込みだった

ヤンチャくん三人組がグループ体験してくれました。

f:id:pandanukichen:20210303083433j:plain

 

みんなとってもいい子たち。

初めてのパン教室にウキウキドキドキ、

どんどんハイテンションになって、

私の話を聞き逃さないよう一生懸命作ってくれました。

ちょこちょことしたパンの話に

「そうなんだ~べんきょうになるなあ」

「へえ~~これが生きてるの?」

と興味津々。

 

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

読み聞かせ用に置いてある絵本にも

「これ、学校にある」

「ぐりとぐらだあ!これ読んでほしい」

「バムケロ、持ってる~~次はこれね」

「まずは先生のおすすめ読んでもらおうよ」

 

初めてのパンはこんなにきれいに焼きあがって・・

f:id:pandanukichen:20210303084031j:plain

三人組は存分に楽しんで、

「来週も来ようね~~!」と

また来る気満々で帰っていきました。

おうちの人とよく相談してからね。

お許しが出るといいね、待ってるよ!と

送り出しました。

 

久しぶりの体験会で

新しい出会いがあり、

私も思いっきり楽しい時間を過ごせました。

みんな、来てくれて本当にありがとう!

 

こんな日には

パン教室をしていて本当によかった、と

心から嬉しくなります。

ダンサーなら街頭で踊りだしているところでしょう。

 

新しい出会いはいつも新しい風を連れてきてくれます。

初めて会う子どもたちは、

まっすぐ、予断なく私の声を聞いてパンに取り組みます。

パン作りを楽しみ、新しい学びにワクワクしているのが

ビシビシ伝わってくるのです。

 

また一歩、進むことが楽しくなりました。

今日は東京での初めての体験会に出かけます。

おかげさまで定員より多くのお問い合わせをいただき、

今日は満員御礼での初体験会。

 

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

わたしもわくわくうきうきします。

私にも新しい学びの始まりです。

皆様の応援とご協力あってこそ。

どうもありがとうございます。

 

 

もう成功することしか思い描けません。

絶対楽しい時間にするからね!

そのあとも続けて東京でこどもパン教室するからね。

ひとりでも多くの子どもたちに

この楽しさを届けたい。

そんな思いが強まるばかりです。

みんなまっててね!

 

行ってきます!