こどもパン教室 うつせみキッチン

厚木市で20年 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室

<プロフィール><Instagram><facebook><雑記ブログ>

お申込み・お問い合わせはお問い合わせフォームまでお気軽に

子どもパン教室、広がっています②

こどもパン教室うつせみキッチンのブログへ

お越しいただいてありがとうございます。

 

このところ、こどもパン教室が広がってきている

と感じています。

やっと!!

 

 

「こんなに素晴らしいこどもパン教室

もっともっと、多くの子どもに知ってもらいたい。」

 

「こどもパン教室を学びの場として

とらえてくれる先生が増えてほしい。」

 

と、ずっと思ってきたのです。

こどもパン教室、広がってきて嬉しいです。 

 

先日も書きましたが、

私のこどもパン教室では

パン教室がパンを作るだけの場ではないと

多くの生徒さんや親御さんにわかってもらえました。

 

長期休暇のこどもパン、

イベントとしての子ども向けのパン作り体験会では

得られないいろいろなものが

定期的に通うこどもパン教室にはある。

 

私の思うこどもパン教室の中心は「パン」よりも「子ども」です。

必ずしも美味しいパンでなくても作りたいパンが作れること。

先生と同じものより、「こうしてみたい」が尊重されること。

 

そうすることで、

パンを通した学びが広がると思うのです。

 

発酵の時間や焼成の合間にも

沢山の学びの場を提供できるのも

中心を「子ども」に置いているからです。

 

少しずつ、私の考えに共感してくれる先生が増えていて

それは何よりもうれしいことです。

 

昨年の12月だったか、

コロナ禍で生まれた時短パン、

ちゃっちゃかフォカッチャをもって

東京の我楽田工房へ東京教室開設の相談に行ってから

風向きが変わってきたのです。

 

東京での教室に生徒さんに来てもらうために

我楽田工房さんのアドバイスによって

ブログだけでなくSNSを使って、

情報を発信するようになったことで

私のこどもパン教室のことが

多くの人の目に触れるようになったのだと思います。

 

 

本厚木のカルチャーセンターで

パンを教えてらっしゃる先生が是非話を聞きたい、

と連絡をくれたのが風向きが変わったことを意識した始まり。

綾瀬市にお住いの水上先生です。

 

熱心にこどもパン教室のことを聞いてくださり

ご自宅の教室での体験会の講師に呼んでくれました。

 

海老名駅から車で7分 パン教室 Fam Life Bread | クスパ

 

私のこどもパン教室の理念にも賛同してくださって

「ぜひ、絶対、こどもパン教室をやりたいです!!」って。

そして、何度かお会いしてお話をして

どんどん準備を進めて。

もう五月からは定期開催の段取りがついているそうです。

若い先生のエネルギーって素晴らしい。

 

f:id:pandanukichen:20210417215812p:plain

先生も、子どもたちも、みんなの学びがそこにある。

そんなこどもパン教室がまた一つ、誕生したと思うと

嬉しくてたまりません。

 

 

教室自体が「子ども自らの学び」を中心におく事の出来る、

時間的、心理的余裕のあるパン教室は、

まさにアクティブラーニングです。

 

 

私の東京・文京区我楽田工房でのこどもパン教室も

一学期の三回コースがただいま申し込み受付中です。

水曜日コースは混んでいますが

火曜日コースにはまだ余裕があります。

16:30の開始です。

文京区、豊島区、新宿区の辺りです。

お近くの方は是非。

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp