こどもパン教室@うつせみキッチン

厚木市で20年 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室

講師プロフィールはこちらプロフィール - こどもパン教室@うつせみキッチン

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっきは日々の雑記ブログです。

こちらもよろしくおねがいします。

初めての東京子どもパン体験会は大盛り上がり

うつせみキッチンのブログへ

お越しいただきありがとうございます。

 

昨日は、とうとう念願かなって東京進出できました。

文京区の我楽田工房さんで、

「ちゃっちゃかフォカッチャを作ろう!」

のワンコイン体験会を開催しました。

 

我楽田工房さんは「はじまりを作る」会社で

今回の体験会にあたって会場を貸してくださり、

右も左もわからない私に

たくさんのアドバイスや広告宣伝もお手伝いくださり

パン教室開催に至りました。

f:id:pandanukichen:20210304093822j:plain

おかげさまで、満員御礼。

設備があって子どもたちさえ集まれば

怖いものはありません。

私も初めての生徒さんたちと存分に楽しみ

楽しんでもらうことができました。

 

嬉しいことに、

「次はありますか?」

「来週もやりたい」

とたくさんの声をいただき

4月からのコース開催が決まりました。

詳細を決めてお知らせせねば。

忙しくなります。

嬉しいうれしい一日でした。

まさにうれしいひな祭りです。

 

 

応援くださった皆様

ありがとうございました。

 

取り急ぎご報告まで

春の体験、新しい出会いに感謝!

こどもパン教室うつせみキッチンのブログへ

おいでいただきありがとうございます。

 

先週の出張体験教室から

春の体験教室が始まっています。

f:id:pandanukichen:20210303082834j:plain

昨年は小学校の一斉休校や最初の緊急事態宣言発出などで

振り回され放題、まったくできなかった春の体験。

二年ぶりの大型体験月間となっています。

 

2021年度はこどもパン教室も

20年目の新しい一歩を踏み出します。

 

コロナ禍が始まった昨年は

もう、こどもパン教室もできなくなってしまうか、

ちょっと寂しいオンライン講座に舵を切らねばならないか

そんな風に落ち込んでおりました。

f:id:pandanukichen:20210303083121j:plain

しかし、休講4か月の間に、

新しいパン「ちゃっちゃかフォカッチャ」が出来て

昨年7月に再開した時、

多くの生徒さんが戻って来られて

その笑顔を見て、確信しました。

f:id:pandanukichen:20210217225212p:plain

 

 

やっぱり対面子どもパン教室は最高!

 

そう気が付いたら

前々から考えていた東京でのパン教室も

やってみないと始まらない、と

思いっきり前向きに考えられるようになりました。

コロナ禍が後押ししてくれました。

 

昨日は「うちのヤンチャくんが行ってみたいというのですけど・・・」

という不安そうな申し込みだった

ヤンチャくん三人組がグループ体験してくれました。

f:id:pandanukichen:20210303083433j:plain

 

みんなとってもいい子たち。

初めてのパン教室にウキウキドキドキ、

どんどんハイテンションになって、

私の話を聞き逃さないよう一生懸命作ってくれました。

ちょこちょことしたパンの話に

「そうなんだ~べんきょうになるなあ」

「へえ~~これが生きてるの?」

と興味津々。

 

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

読み聞かせ用に置いてある絵本にも

「これ、学校にある」

「ぐりとぐらだあ!これ読んでほしい」

「バムケロ、持ってる~~次はこれね」

「まずは先生のおすすめ読んでもらおうよ」

 

初めてのパンはこんなにきれいに焼きあがって・・

f:id:pandanukichen:20210303084031j:plain

三人組は存分に楽しんで、

「来週も来ようね~~!」と

また来る気満々で帰っていきました。

おうちの人とよく相談してからね。

お許しが出るといいね、待ってるよ!と

送り出しました。

 

久しぶりの体験会で

新しい出会いがあり、

私も思いっきり楽しい時間を過ごせました。

みんな、来てくれて本当にありがとう!

 

こんな日には

パン教室をしていて本当によかった、と

心から嬉しくなります。

ダンサーなら街頭で踊りだしているところでしょう。

 

新しい出会いはいつも新しい風を連れてきてくれます。

初めて会う子どもたちは、

まっすぐ、予断なく私の声を聞いてパンに取り組みます。

パン作りを楽しみ、新しい学びにワクワクしているのが

ビシビシ伝わってくるのです。

 

また一歩、進むことが楽しくなりました。

今日は東京での初めての体験会に出かけます。

おかげさまで定員より多くのお問い合わせをいただき、

今日は満員御礼での初体験会。

 

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

わたしもわくわくうきうきします。

私にも新しい学びの始まりです。

皆様の応援とご協力あってこそ。

どうもありがとうございます。

 

 

もう成功することしか思い描けません。

絶対楽しい時間にするからね!

そのあとも続けて東京でこどもパン教室するからね。

ひとりでも多くの子どもたちに

この楽しさを届けたい。

そんな思いが強まるばかりです。

みんなまっててね!

 

行ってきます!

 

3月3日の東京での体験会は満席となりました。

こどもパン教室うつせみキッチンのブログへ

お越しいただきありがとうございます

 

3/3の東京体験会はおかげさまで

本日を持ちまして満席となりました。

 ありがとうございました。

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

こどもパン教室の東京での一歩を踏み出せること、

皆様の応援の賜物です。

 

これからも東京でのこどもパン教室も

このブログで随時お知らせしていきます。

どうか楽しみにお待ちください。

 

ありがとうございました。

逃げる二月のパン教室

こどもパン教室うつせみキッチンのブログへ

おいでいただきありがとうございます。

 

二月は逃げるとはよく言ったもので、

28日しかなく、例年あっという間です。

今年は緊急事態宣言のため15日まで

教室をお休みしてしまったので、

実質二週間になってしまいました。

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

そして、今日で今月のパン教室は終了しました。

今月のパンは大人も子どもも

ゼッポリーニ風ちぎりパン。

 

f:id:pandanukichen:20210215222021j:plain

 

青のりを練りこんだ生地を、小さく分割し

揚げる代わりにたっぷりのオリーブオイルをかけて焼きました。

 

 

 

皆さんのパンの写真を一挙公開。

生徒の皆さん、自分のパンはわかりますか?

大人3クラス、こども6クラスですが

先生のも混じっています。

 

どれも美味しそうに焼けていて、

失敗作はないのがお分かりでしょう。

 

 

お茶目な表情なのは子ども作ですね。

大人の方々はどうしてもきれいにまとまっちゃう。

 

丸めなおすときめ細かく少し小降りに、

切りっぱなしだとふんわり大きくワイルドに出来上がります。

美味しい、と思えれば正解があるわけではありません。

作り手とそれを食べる家族の満足が重要課題。

 

f:id:pandanukichen:20210219100400p:plain

f:id:pandanukichen:20210217123616p:plain

f:id:pandanukichen:20210217124124p:plain

f:id:pandanukichen:20210226220204p:plain

f:id:pandanukichen:20210226220332p:plain

 

このほかに出張教室で、

一昨年まで作っていた90分クラス用の子どもパン。

ハムマヨネーズロールを手直ししたパンを作りました。

f:id:pandanukichen:20210225124454j:plain

初めてのキッチンに初めての子どもたちでしたが

みんなパン作りに惹きこまれ

とっても楽しんでくれました。

ふわふわモチモチの焼き上がりに大満足してもらいました。

f:id:pandanukichen:20210226221713p:plain

みんながみんな同じ出来でないのは、

ひとりひとりの好みや年齢に合わせて少しずつ違うから。

一番手前は新一年生。

生地を三つにカットするところはまだ難しいので

4分割しているので他のお子さんより数が多くできました。

 

中央のお子さんはチーズが苦手とのことで

トッピングのチーズは無し。

「こうあるべき」より「こっちがすき」を優先できるのが

手作りの良いところですね。

決まり事に縛られない良さも子どもたちには覚えてほしいです。

 

 

 

来月のパンはちゃっちゃかフォカッチャの応用で

キャラメルナッツ。

美味しいことは間違いなしなのですが

f:id:pandanukichen:20210226222056p:plain

実をいうとまだ試作の詰めが終わってません。

 

子どもでも混ぜやすくてちょうどいいキャラメルの固さになる配合や

ナッツをスライスにするかスリーパードにするかなど考え中。

 

どうぞお楽しみに。

 

3月3日の東京でのちゃっちゃかフォカッチャ体験会は

まだ募集しています。残り一席です。

東京・豊島区、文京区、新宿界隈にお住いの小学生が対象です。

 

pandanukitchen.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

新しい春が来た

うつせみキッチンのブログへお越しいただきありがとうございます。

 

2月もあと4日です。

コロナに振り回された2020年度もあと一ヵ月。

2021年度、新しい春がやってきます。

f:id:pandanukichen:20210225122120j:plain

 

20年前、厚木の自宅で始めた小さなパン教室。

こどもパン中心に舵を切って18年。

こどもパン。

このすてきな活動を広めたい、

多くの人に知ってもらいたい、

ずっとそう思ってきたけれど、

どう広げるのか、

道筋が見えていませんでした。

 

今年に入ってからいろいろな方法で

少しずつ発信を増やして行こうと

いろいろなところにアプローチしています。

 

我楽田工房さんでの体験教室が実現したのも、

勇気を出してアプローチしたからこそ。

そんなに広めたかったのに

なんで今まで何もしてこなかったのか・・・

という感は否めませんが

それはまだ機が熟していなかったのでしょう。

 

私にとって、きっと今年2021年が

こどもパン教室うつせみキッチンにとっても

大きな変革の年の予感です。

 

先週は我楽田工房さんで教わって始めたインスタグラムから

新しい出会いがありました。

綾瀬市でパン教室をしている先生から

こどもパンについて話を聞きたい、

とメッセージをいただいたのです。

f:id:pandanukichen:20210225124454j:plain

なんと嬉しい出会いでしょう。

私が我楽田工房さんに声をかけるのに

勇気が要ったのと同じように

勇気を出して私に声をかけてくれたのです。

 

早速お会いして、熱く語ってしまいました。

そう、語りたいことはいくらでもある。

こういう出会いを待っていたのだから。

 

今日はその先生のお宅まで

こどもパン教室出張します。

f:id:pandanukichen:20210225124904j:plain

今日のためにレシピを手直しし、試作もしました。 

初めてのキッチンで失敗なく作れるように

今日で会う4人の子どもたちを喜ばせてあげられるように。

 

読み聞かせる絵本も選びました。

準備万端、大丈夫かな?

だいじょうぶ、だいじょうぶ。

 

今まで子どもパンの体験で楽しんでくれた

たくさんの子どもたちの笑顔を思い浮かべれば

うまく行かないことを想像することのほうが難しい。

 

今日会える子どもたちも、

きっと笑顔いっぱいにして見せますとも!

出張教室、楽しみです。

行ってきます!