こどもパン教室@ぱんだぬき

神奈川県厚木市の 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室から

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっき はぱんだぬきの日記です。こちらもよろしくね

今週のこどもパン教室レポート

 

 卒業生Kちゃんのお母さんにお会いしました。

6年間通ってくれたKちゃん今年は成人式を迎えたそうです。

Kちゃんは中学生の頃は地元のミュージカルに出ていて

時々広報誌で見かけていました。

いまはもう素敵なお姉さんです。

 

 

「まだこどもパン教室をやってるんですよ」

とお話すると、懐かしそうに

「そうなんですか、いいですねえ、ほんと、楽しかった~」

「今も時々、楽しかったねえ、と話すんですよ」

と懐かしんでくださいました。

 

当時はぱんだぬきもまだまだ初心者先生で

ちゃんと時間内に終わらないことなどもあったのです。

それでも楽しい、と通わせてくれたKちゃんのお母さんのような

保護者さんのご理解があって、

ぱんだぬき自身も成長させていただきましたし、

こうして時々懐かしんで声をかけてくださるので、

教室を続けていく自信にもつながっています。

本当にありがたいです。

 

 

さて、今週は三回のこどもパン教室がありました。

 

二回は高学年クラスの焼きカレーパン。

もう一回は先週から変更の低学年クラスのクリームロール。

 

 

高学年の焼きカレーパン

f:id:pandanukichen:20190223174922j:plain

f:id:pandanukichen:20190223174845j:plain

カレーパンの中身は、

レトルトカレーに小麦粉やパン粉を加えて

硬めのフィリングにして使います。

二人に1パックのレトルトカレーを用意しました。

 

一人のお子さんが言いました。

「これ、ルーじゃないね?ご飯にかけられそうだね、」

レトルトカレーって言うんだよ、

 袋ごとお湯に入れて温め手ご飯にかければカレーライス。」

「へえ、べんりだね。具も入ってるのね。どこに売っているの?」

 

そうなんです、レトルトカレー

知らないお子さんもいるんです。

一緒のクラスの他の2人にも聞いたら、

食べたことはないそうです。

 

確かに子どものいる家庭では

一食分づつ決まった量のレトルトカレー

あまり出番がないですね。

少ししか食べない子もたくさんおかわりする子もいるから。

 

そう言えば我が家でも、

子どもが小学生の頃はレトルトカレー

出てこなかったかもしれないなあ、と。

 

楽しい会話でした。

 

<低学年はクリームロール>

 

f:id:pandanukichen:20190223180553j:plain

 

 一年生4人のクラス。

一人は男の子です。

その彼が

「今気づいたけど、僕だけ男だね」

先生も女の子たちもとっくに気づいていました。

急に不安になったのでしょうか。

でも、一緒にパンを作るのに、男も女もありません。

休み時間も4人仲良く、お化けキャッチしています。

作業中も会話が弾みます。

「一人で男の子でも全然大丈夫だよ。

でも男の子のお友達も誘ってきてくれていいからね」

と話しますと、女の子たちが

「うちのクラスにおもしろい子がいるよ」

「〇〇くんがいいんじゃない?」

等とまた話が弾みます。

子どもたちの会話は聞いていても楽しいです。

 

おやつのブラウニーには、

成形で残ったカスタードクリームや

チョコチップやドライフルーツをつけながら食べました。

レンジマンゴーの紅茶もいつになくよく売れました。