こどもパン教室 うつせみキッチン

厚木市で20年 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室

<プロフィール><Instagram><facebook><雑記ブログ>

お申込み・お問い合わせはお問い合わせフォームまでお気軽に

こどもパン教室レポート 5月の東京教室1

こどもパン教室うつせみキッチンのブログへようこそ。

 

東京でも始まった子どもパン教室の定期開催、

春の体験に来てくれたお子さんや

うわさを聞きつけて体験なしで申し込んでくれたお子さんなど

8人の生徒さんが固定クラスで参加してくれています。

 

会場は時々話題にさせていただいている、

文京区の我楽田工房さん。

 

今月は第二回目、テーマは「美味しさ練り込む」です。

 

ちゃっちゃかフォカッチャの応用ですが

もう、どこがフォカッチャなの?という高度な応用に入ります。

粉材料を練り込むことで、

一人一人がオリジナルのパンを焼いています。

 

 昨日も粉材料を練り込んで、

それそれが好きな数に分割して、

ちぎりパンを焼きました。

 

f:id:pandanukichen:20210526095031j:plain

兄弟で来てくれていて、お家で復習してくれているという

兄弟参加のふたり。

お兄ちゃんのほうはココアを練り込み、6分割。

弟君は粉チーズを練り込み4分割です。

 

教室が始まる前に副材料の選択から始まって

ワクワクしながら迷って悩んで、

二人ともテンション上がってました。

 

捏ね始めてからは

ココアも粉チーズも吸水の多い材料なので、

混ぜ始めてから様子を見て水を足すことを経験。

 

発酵中に絵本も読みましたが、

そのほかにも、

「今日は分割をします、いくつに切りたいですか?」

で、作るパンの数を決めねばならず、

またワクワクなやみます。

 

「2等分して、それぞれを二つに切るといくつ?」

「またそれぞれを二つに切るといくつ?」

・・・ににんがし、しにがはち…と考えてくれます。

「6等分は難しいんだよ。なんでだと思う?」の質問に、

「三つに切らないと…」とおにいちゃん。

 

「じゃあ、いくつに切るかきめてね。」というと、

弟君は4個、お兄ちゃんは6個とのこと。

 

お兄ちゃんは難しい、と言われた6個にしたいのです。

こどもって、基本的に難しいことをしたいのですよね。

人は皆、向上心を生まれ持っているんです。

兄弟はそれをすっと見せてくれました。

 

「先生はいくつに分割しようか?」と問うたら

「100こ!」だって。

いやいや、さすがに百個は無理・・で

10個におまけしてもらいました。

 

 

 

f:id:pandanukichen:20210526101822j:plain

お兄ちゃんのパン、ハンバーグみたい 

僕のはクロワッサンみたい

  (生地のカット面が見えているので、内層と表面の違いに気づいてます)

観察しながらオーブンをのぞき込んでいます。

ワクワク感が伝わります。

 

「〇〇君のは分割が少ないからパンが大きいよね、

だから中まで火が通りの二時間がかかるよ、

先生のとお兄ちゃんのを出してから二分長く焼くね」

 

 

パン教室体験から三回目にして

材料を選んで、

生地の水分量を調整しながらこねて

分割数も選んで

焼き時間も調整して。

もう、オリジナルパンと呼んでもいいと思います。

 

この調子なら、二学期にいくつかの成形の基本を学べば

三学期にはオリジナルのレシピを各自かけるのではないかな、と

先生もワクワクしながらの東京教室です。

 

さあ、焼きあがりました。

f:id:pandanukichen:20210526101143j:plain

 

おいしそうです。

先生の分は青のりが練り込んであります。

 

みんなのパンお味見はできないところが

先生のちょっと寂しいところ・・でもありますが。

 

 

レシピに貼り付けるための写真を撮りました。

f:id:pandanukichen:20210526095031j:plain達成感。

盛りだくさんで頑張って、お疲れさまでした。

 

 

お家でもパンの話題満載の夕飯だったことでしょう。

また来月お楽しみにね。