こどもパン教室@ぱんだぬき

神奈川県厚木市の 達成感を刺激し自己肯定感を高める 子どもパン教室から

姉妹ブログ たぬきのぱんやさんにっき はぱんだぬきの日記です。こちらもよろしくね

今日のメープルボーゲン、

こどもパン教室のぱんだぬきです。

 

10月のこどもパン教室、

高学年はメープルボーゲンという名前のパンを作っています。

メープルシートを折りこんで、マーブルに焼いたパン。

生徒さんが「名前で検索したけどんなパンかわからなかった」

と言っていました。

そうだよね・・・ぱんだぬきの命名だから。

メープル味の弓型に反った形のパンだから、メープルボーゲン。

そう説明して作り始めます。

 

f:id:pandanukichen:20181017182727j:plain

これは今日のクラスの5人のパンとぱんだぬきのお手本です。

大人でも難しい折りこみも、

ちょっとの工夫と適切な声掛けで

子どもたちはどんどん作ってくれます。

 

一次発酵の休み時間、

今日のクラスはいつもの百人一首で遊び始めました。

誰でもできる坊主めくりから。

楽しそうだな、と横目で見ていたら、

遊び方が変わりました。

 

なんと。

下の句の取り札を順に引いて

上の句を言って行くのです。

何と高度な!

情けないことにぱんだぬき先生は

「先生、これの上の句なんだっけ?」

と聞かれても、答えられませんでした。

 

・・・教養の足りないところがバレてしまった・・・・

小学生、侮れません。

今やオセロの世界一も小学生ですから

大人のぱんだぬきは謙虚に自分の無知を受け入れます。

 

 

二次発酵の時間はティータイム。

今日は新入会のお子さんがいたので

各自の自己紹介をして、

お休みの人の事はお友達が紹介して、

 

それからいつものプリントの読み合わせ。

今月のテーマは「なんか変、という時」

パン作りの途中で気づいた失敗のリカバリーです。

失敗に気づいたらよく観察して考えて失敗を最小限にとどめる。

パン作りでなくても大事なことです。

 

そして、今日のおやつは大学芋ケーキ。

f:id:pandanukichen:20181003142837j:plain

大人教室のサブメニューですが、

子どもたちには大好評です。

紅茶はルピシアハロウィーン限定のトリックオティーでした。

クッキーのような甘いフレーバー、これもなかなか好評。

f:id:pandanukichen:20181017151421j:plain

そうこうするうち仕上げの時間。

卵を塗って、アーモンドをトッピングして、オーブンへ。

焼いている間も百人一首で遊び、

焼けたらみんなで写真を撮って試食です。

 

ぱんだぬきは、試食の間に

撮った写真をレシピに貼って印刷し、

お迎えに間に合わせます。

 

毎回、どのクラスの時も

ああ忙しかった、楽しかった、

と思って終了します。

 

11月1日(木)には体験会があります。

もちろんおやつ、お茶、試食付です。

お近くだったら、ぜひどうぞ。

f:id:pandanukichen:20181014230817p:plain